2020年/2021年の演奏予定

ご無沙汰しております。

最近はライブ配信等で発信しており、ブログ更新をしておりませんでしたが、最近は少しずつコロナ対策をしつつ生演奏を行っています。

ビゴライブの方でも月に1度程度は古典曲を丸ごと一曲お届けできるように、予定を組んでいますのでビゴライブの方でも何卒よろしくお願いいたします!

12月演奏会

12月8日(火)第28回花一期 友吉鶴心琵琶楽の会 @国立能楽堂

18時20分開場、19時開演

チケット代:5000円

演目:「嶋の為朝」(橋本治 一周忌追善)

「奈須与市語」(五世野村万之丞十七回忌追善)

「羽衣」(疫病退散祈願)

出演:友吉鶴心、六世野村万之丞、鳳聲喜三雄、吉永鶴奏、水島結子、藤舎呂英、望月太津之、堅田新十郎

 

師匠・友吉鶴心の助演で姉弟子とともに助演させていただきます。

初の国立能楽堂デビューとなりますので、応援に駆けつけてくださると幸いです。

 

12月19日(土)新座市 「憲法9条の会」レクチャーコンサート

私が取り組んでいる「戦争と琵琶」について講義させていただき、去年復興した戦時中の廃曲「新嘉坡の陥落」を再演させていただきます。

1月演奏会

1月16日(土)水島結子琵琶の会 @青山・銕仙会能楽研究所

9年間上野の森美術館で毎年演奏させていただいておりましたが、心機一転、能楽堂にて定期的に演奏会をさせていただきたいと思っています。

今回はコロナ禍で春の開催が1月に変更となってしまいましたが、お誘いあわせのうえ、応援にいらしていただけましたら幸いです。

 

14時開場、14時半開演(終演16時予定)

S席限定20席 5500円/自由席3500円

演目:「羽衣」琵琶楽一丁一管付

「不倒」(現代邦楽曲・初演)

「城壁のハムレット」(橋本治作品)

 

「羽衣」は、疫病退散祈願で、4月の自粛時に神田明神、愛宕神社、浅草神社、そして秋の明治神宮百年祭にて奉納させていただいた曲です。

人間の罪穢れを祓う天女の舞をテーマにしています。

コロナを祓い、人々の驕りを改めていきたいという気持で、今回ははじめて琵琶2面、鼓と御笛にて演奏いたします。

 

「不倒」は今まで挑戦してこなかった、器楽曲です。

古典の間を制したものしか現代邦楽はできないからまだまだ自分には過ぎた曲…と思っていたら、なんと今年で芸歴20年目でした(笑)

節目として演奏させていただきます。

また、「城壁のハムレット」は作家の橋本治先生が師匠の友吉鶴心先生のために書き上げた「古典の新作」というものであり、私も挑戦させていただくこととなりました。

 

各チケットのお申し込みは問合せフォームか、本人によろしくお願い申し上げます。

よく読まれている記事